• ホーム
  • 病院で処方される花粉症に有効な治療薬について

病院で処方される花粉症に有効な治療薬について

鼻をかんでいる男性

花粉症もアレルギーの一つとして認知されつつある中で、病院で診てもらう機会も多くなりました。
いろんな薬があるのですが、何となく利用しているという人もやはり多いものです。
錠剤や点眼薬、点鼻薬などが多いですが、症状に合うものを処方してもらうようにしましょう。

アレルギーの一環ですから、抗ヒスタミン薬なども良く使われます。
第一世代、第2世代と区別されて使われていますので、処方された時には内容を確認しておきましょう。
その他にはメディエーター遊離抑制薬などもあります。
これはアレルギー症状を起こす物質が出てくるのを抑える薬ですが、効果が出るまでに2週間ほどの期間を要するので、シーズンが始まる前ぐらいから服用を始める方がいいでしょう。
余りに症状が強すぎるという時にはステロイド剤も処方されます。
飲み薬や点眼薬などいろいろありますが、免疫反応を抑えてくれますので、どんなタイプでも使いやすいという特徴があります。
鼻づまりが強い時などには血管収縮薬なども使って様子を見ていきます。

どの薬も目や鼻などの症状に合わせて使っていくものとなります。
病院で診てもらってから、きちんとどの症状に対して予防や対処をしていくのかを考えた上で処方がされます。
花粉症の薬は眠くなったりするなどの症状も出たりしますので、服用前には医師の指示に従って正しく服用をするようにしましょう。
続けてみてあまり効果が見られないようであれば、自分の体には会わなかったという可能性もありますので、別の薬を試すといいでしょう。
花粉症はシーズンを乗り切れば基本的には治まりますが、人によってはいろんな花粉に反応して年中大変だという事もありますので、上手く薬も活用していきましょう。

関連記事
人気記事一覧