• ホーム
  • アレルギーの盲点・洗濯洗剤で涙が止まらない?

アレルギーの盲点・洗濯洗剤で涙が止まらない?

アレルギーと言えば、鼻炎や喘息、肌荒れ、くしゃみ、かゆみといったものが思い浮かびます。
アレルギーを持っている多くの人は鹿花粉などに接触すると涙目になりやすいです。
目は皮膚の一部であり、皮膚がかゆくなると赤くなってくるのと同じで、目の場合には涙を流します。
今ではいろいろなアレルギー用医薬品がありますので、もしアレルギーに困っているのであれば、皮膚科や内科で診てもらうといいです。
薬局では薬剤師さんから薬の飲みかたや副作用のことをはなされます。

アレルギーで盲点になっているが、洗濯洗剤です。
今の洗濯洗剤は化学合成ですので、よごれをおとすのが早いです。
この洗濯洗剤に含まれているABSというのがかゆみなどを引き起こす原因物質ですので、皮膚がかぶれやすいひとにとっては洗濯洗剤を直接素手で扱わないようにしてください。
おそらく皮膚が赤くなって場合によっては、ものすご痒みをともないます。
同時に涙もでてきます、洗濯洗剤と涙というのはここに関連しているのです。
人によってはアレルギー物質に敏感であっても年齢があがるにつれて治っていく人もいれば、中年以降になってから気管支喘息などを発症する人もいます。
これは食生活や環境がおおいに関連しています。
詳細な原因はそれ以上不明です。

だたしここで言えるのは、小さいころからきれいすぎるところに住んでいるとアレルギーに罹りやすいです。
少々まわりがきたなくてもいいのです。
家で動物を飼うのもいいです。
ペットという生き物に触れたりして体がアレルギーに慣れるようにするからです。
このような観点からまわりの環境がものすごく大切だということを理解してくれたかとおもいます。
医療機関で自分がそのようなものに痒みを発症するのかを調べてくれます。

関連記事